ブロア後部のフィルターの汚れを落とします。
カップ内の塗料を出して、洗浄する
引き金を引き、経路内の塗料を出す。
引き金を引く
ガン先に指を当てる
カップエアホースは挿さない。

メンテナンス −仕事が終わった後の日常のメンテナンス −

1.塗装ガンの洗浄

作業が終わりましたら、まず塗装ガンの洗浄を行います。
※現場作業後で事務所に持ち帰ってからの洗浄の場合は、カップ内の塗料を戻し、洗浄用で一度塗料経路を流した後に溶剤をカップに入れた状態で移動してください。(塗料が固着すると、以後の塗装に影響します。)

○簡単な洗浄方法(翌日も作業の場合)
1)塗料カップの洗浄:
@カップに残った塗料を容器に戻してください。
A洗浄用の溶剤をカップ内に入れ、カップ内の塗料を落とし てください。
Bフタのパッキン部に着いた塗料は必ずブラシ等で落としてください。

               ↓

※数日間使わない場合は、ノズルを外して内部を洗浄します。

2)塗料経路の洗浄:
@洗浄用溶剤をカップに入れ、フタを締めてください。
Aホース・ブロアをセットし、カップエアホースを挿さない状態で電源を入れます。
Bフロースリーブの角の先に指を当てて、塗料を逆流させま す。カップ内で「ボコボコ」空気の出る感触が有れば逆流し ている状態になります。
C逆流による洗浄が終わりましたら、カップエアーホースを取り付け、経路内の溶剤を吹ききってください。

3)ガン先の洗浄:
@ノズルの先端やフロースリーブに付着した塗料は、必ずブラシで塗料を落としてください。
塗装パターンや仕上がりに大きく影響します。

**以下の説明は2日以上使わない場合:**
4)主要部品の洗浄:
数日間使用しない場合は、最低限の分解洗浄を推奨します。(全部の分解をする必要はありません。)
@ガン先のフロースリーブとノズルを取り外します。
A上記の部品は洗浄用溶剤に漬けて下さい。
 (残塗料による硬化(詰まり)防止

○塗装ガン全体を洗浄用溶剤につける場合は、フタと樹脂 部品は短い時間で取り出してください。
どちらとも、部品・パッキンの寿命が短くなります。

※アセトン等のケトン類での洗浄はなるべく避けてください。
(パッキンの寿命が著しく低下します。)
※化学反応を促進する溶剤では、塗装ガンが変色や割れが生じる場合がありますので、ご使用の前に弊社にご相談ください。
2.フィルターの汚れ落とし
ブロアの空気吸入口に取り付けられているフィルターは、作業が終わりましたら、一度取り出し付着したホコリ・ゴミをはらってください。(エアーブローでも可)
特に作業環境が風通しの悪い場所ですと、塗料ミストを多く吸い込んでいるため、目詰まりの原因になります。
(目詰まりを起こすと、ブロア性能が低下します。

標準セットには予備のフィルターが一セット付属しております。
また、弊社ではフィルター1枚から販売しておりますので、ご用命ください。

フィルター位置
SG2500:後部上下2箇所
SG2000:前後2箇所
SG91:後部1箇所